お腹の中にいる赤ちゃんに必要な栄養素、葉酸

By: sara matthews

妊娠初期の赤ちゃんに必要な栄養素の代表として葉酸があります。この葉酸は枝豆や小松菜など葉物野菜に多く含まれています。

他にも雑穀米や卵など日常で口にする食品のほとんどに含まれています。しかし熱に弱いため茹でたり炒めたりするとせっかくの栄養素が失われてしまいます。

そしてせっかく摂取しても体内吸収が悪いので非常に摂取の難しい栄養素なので食品から全て摂取することはなかなか難しいとされています。

しかし国はこの葉酸を妊娠時には倍の量摂取することを勧めています。それは妊娠初期は赤ちゃんの心臓や脳など重要器官が形成される時期でもあり、この時に葉酸を摂取すると先天性異常を防ぐことができるとされているからです。

葉酸を効率よく摂取するために国はサプリメントからの摂取を推奨しています。妊娠初期はつわりが始まる時期でもあるので、何も食べられなかったりご飯の準備が出来なくても、サプリメントなら簡単に摂取できるので、妊娠前から準備しておくのがおすすめです。

妊娠前から葉酸サプリメントを飲むメリットはもう二つあります。

一つ目は赤ちゃんの元となる良質な精子や卵子を育むためにこの葉酸が良い働きをするという見解があります。

二つ目は妊娠超初期期間といい生理予定日前から病院で妊娠判定できる期間に葉酸を摂取することが出来ることです。この妊娠超初期期間は妊娠検査薬や病院でも妊娠判定ができない期間でもあります。

しかし赤ちゃんの成長にとって非常に大切な期間でもあるので、妊活中から葉酸を習慣的に摂取することでこれをカバーすることが出来ます。なので国も妊娠中の女性ではなく、妊娠を計画している女性に推奨するとされています。

これから結婚して妊娠を考えている女性は是非葉酸への知識を深めてください。もちろん予定外の妊娠でも妊娠が分かった時からでも摂取は遅くないので、赤ちゃんのためにもしっかり摂取してください。

そしてどうかこの葉酸の大切さをこれから妊娠を考えているお友達や知り合いなどに広めてください。一人でも多くの赤ちゃんに必要な栄養が届くことを願っています。

妊娠中だけでなく、しっかりと葉酸を摂取したい

By:Daniel Pink

葉酸とはビタミンM、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれてる生理活性物質です。赤血球の細胞を助けたり、胎児の正常な発育に必要な物です。

妊娠した女性がしっかりと葉酸を摂取していると、胎児の神経管閉鎖障害というリスクを減らす事ができます。その為、妊活中や妊娠中に安心して飲める葉酸サプリメントが数多く発売されています。

妊娠中の女性は普段よりも2倍の量の葉酸が必要だと言われています。葉酸とはどれだけ大切な物なのかという事が、現れていると思います。

その葉酸が多く含まれている物はレバーやほうれん草、ブロッコリー、枝豆などがあります。普段から摂取しやすい食材が多いですよね。葉酸とは比較的、摂取しやすい成分なので、しっかりと摂取したいですね。

私はよくほうれん草やブロッコリーは、食事に使うのであまり葉酸の摂取量を気にした事はありませんでした。

しかし、妊娠したかな?と思ってからは赤ちゃんに必要な栄養素の事が凄く気になりました。妊娠初期には特に葉酸が必要だと知ったので、食事だけでなく、葉酸サプリメントも使うようにしました。

胎児の病気を防ぐだけでなく、貧血にも効果があるので出産後まで葉酸サプリメントを飲んでいました。妊娠中でも飲みやすい粒の大きさや匂いの物が多くて安心で飲みやすかったです。

また私が飲んでいたサプリメントは、葉酸の栄養だけでなく、美容成分も入っていたので肌の調子も整えられました。

妊娠中は肌の調子も変わっていくと聞いていました。確かに肌がカサカサする事が多くありました。しかし葉酸サプリメントのおかげですぐに乾燥はなくなりました。

妊娠についての雑誌でも葉酸の事は色々と紹介されていました。やはり葉酸はとても必要な物なのだと感じました。

出産後もなるべくほうれん草やブロッコリーなどを多く摂取する様にしています。普段の食事でも葉酸は摂取できますが、なるべく意識して必要な量を摂取する様にしたいですね。

葉酸不足か気になるようなら、手軽にサプリメントを使う事もいいかなと思います。

妊娠中の女性に必要とされる葉酸の大切さと摂取方法

By:HAMZA BUTT

葉酸とは、生命の根元と言われています。なので、赤ちゃんの新しい生命を作り出す妊娠中の女性の体には必要不可欠なものなのです。

妊娠中に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害になる恐れがあります。妊娠初期に、脳や骨髄のもととなる神経管という部分がうまく形成されないことで起こる障害です。

葉酸不足も原因の一つだと言われています。赤ちゃんの障害を減らすためにも、妊娠前から妊娠中の葉酸の接種がとても大切です。

葉酸とは、納豆や、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。身近な食材から摂取出来るものなので、積極的に取り入れる事が出来ます。

私は、2度の妊娠で葉酸を多く取る食事を心がけてきました。産婦人科でも、マタニティ雑誌でも葉酸をたくさん摂取することを進めています。

普段の食事で簡単に摂取することが出来たので、特に気を張る必要もなかったです。

葉酸とは、食材以外にも摂取出来る方法があります。薬局やドラッグストアのサプリメントや、マタニティコーナーにある飴や飲み物などからも簡単摂取することが出来ます。

私は、その日の料理で葉酸を摂取することが出来なかったりした時は、サプリメントを飲んでいました。日中も、思いついた時に葉酸入りの飴をなめたりしていました。

妊娠中期、後期になっても葉酸は積極的に取り入れてください。母親が口にしたものは全て直接赤ちゃんに栄養がいくので、お腹の中で成長し続ける赤ちゃんに葉酸を届けてあげて下さい。

出産を終えて、授乳が始まっても同じです。食べたものが血液になって、母乳となって赤ちゃんの栄養に繋がります。母乳で育児をするお母さんは、バランスのよい食事が大切ですが、葉酸も忘れずに摂取して下さい。

赤ちゃんが離乳し、大人と同じような食べ物を食べるようになった時、葉酸入りの幼児用のお菓子なども多く売っているので、普段の食事から取り入れにくい時はそちらも意識してみて下さい。